数学オンライン家庭教師の料金と無料体験授業の流れ【お問い合わせ窓口はページ後半】

このページの内容です
  1. 料金について
  2. 体験授業の流れ
  3. お問い合わせフォーム

数学オンライン家庭教師の料金について

料金について
にゃんこ
基本的に80分または120分授業になります。

週1回80分授業の例
月謝:25600円(税込)(月4回ある場合)
月謝:32000円(税込)(月5回ある場合)

週1回120分授業の例
月謝:38400円(税込)(月4回ある場合)
月謝:48000円(税込)(月5回ある場合)

※すべて60分4800円での計算例になります。

坂田先生
個人でやっておりますので、以下のように様々に融通が利きます。
・最初のほうに授業を集中してもらって、質問がなくなり次第終了してほしい。
・基本的には80分授業で、必要な場合だけ延長してほしい。
・お盆や年末年始などお休みしたい日がある。

お支払いのタイミングについて

にゃんこ
毎月の月謝は翌月の後払いとなっております。
(例)2月分の授業料は3月の最初にメールでご連絡します。それを3月中(4月になるまで)にお振込みいただきます。

体験授業の流れ

坂田先生
次に無料体験授業の流れについてご説明いたします。
にゃんこ
ただ、申し訳ありませんが、こちらの空いている授業枠に対してご都合が合わない場合は、体験授業を受けていただけません。
坂田先生
また、正式なご依頼後であったとしても、次のような場合はお断りさせていだきます。
正式なご依頼後でもお断りする場合
  • 先生の話を聞かない。または席から離れるなどにより、授業にならない場合
  • 授業中こちらの指示に従わない場合
  • 返事や反応がないなど、コミュニケーションが取れない場合
にゃんこ
この条件に了解いただける場合は、次の流れにそって無料体験授業を受けていただけます。
無料お試し体験授業の流れについて
  1. お問い合わせフォームの質問に順番に回答していただきます。
    ・オンライン家庭教師が初めてかどうか
    ・学年やお子様の状況
    ・ご依頼内容
    ‥などを入力していただきます。
  2. 24時間以内にお返事いたします。体験授業日が決定します。
    またオンライン家庭教師が初めてという方は、ご希望であれば次の3にて、授業の進め方やSkypeの使い方などをご説明します。
  3. よろしければ電話でお子様の状況をより詳しく聞かせていただきます。
    あらかじめ体験授業用に用意された体験授業ではなく、できるだけ『これから実際にこんな授業をうけていただきますよ。』というものを体験していただきたいと思っています。
    ですので、お子様の状況を詳しくお聞きして、その子に一番合った授業内容を準備させてもらっています。
    定期テストが近ければその対策をしますし、必要であれば学校で学習している問題の画像(写メで大丈夫です)を送ってもらい、準備をします。
  4. 無料体験授業をお試しいただきます。
    このような感じで受けていただきます。
    オンライン家庭教師の体験授業までの流れ

    約60分の予定をしておりますが、ご希望であればそれ以上の時間もさせてもらいます。

  5. 授業終了後、お子様と話していただいて、もう一度体験授業を受ける場合は、その日時をご連絡ください。
  6. 他の先生も試していて一時保留とされる場合はそのようにお返事ください。
  7. 検討の結果、僕に頼むことになった場合、60日間はお試し期間としてご利用ください。
    その期間中に解約した場合、それまでの授業料を全額返金させていただきます。
    入会金も解約金も教材の販売もありません。
    解約する場合、〇〇日前までに連絡しないといけない、ということもありません。その日のうちに解約できます。
にゃんこ
以上が無料体験授業の流れになります。説明はこれで以上になります。
 
坂田先生
最後に、僕のオンライン家庭教師の特徴をご確認ください。
僕のオンライン家庭教師の特徴
    1. 学生アルバイトではなく、100名以上の指導経験のある社会人プロ講師。
    2. 60日間の全額返金保証付き。
    3. どんな授業か納得するまで無料体験授業の回数制限なし。
    4. 入会金も解約金も教材の販売もありません。
    5. ご希望の方には効果的な勉強方法や、効果的な自習方法、ノートの取り方などを教えます。
坂田先生
以上を了解していただいたうえで、無料体験授業のお問い合わせを希望される場合は、次の質問にそって回答をお願いします。
にゃんこ
すてきなご縁があることを楽しみにしています。

無料体験授業&お問い合わせの窓口です。

    ※内容はより具体的な方がこちらも状況が把握しやすく、その後スムーズに対応しやすいです。

    最後にメールアドレスだけお間違いがないかご確認ください。(間違っていた場合、お返事ができません。)

    坂田先生
    迷惑メール対策のため、本文にurlがあったり、特定のワードが入った文章は、送信できないようになっています。